緊急事態宣言をうけての対応

2020/04/13
ロゴ

県の緊急事態宣言が発出されました。

動物の治療は不要不急のものではありませんので、

調子の悪い動物は通常通り診療いたします。

 ただし、当院の対応としまして

◯来院される飼い主様はマスク着用での来院をお願いいたします。

 またできるだけ必要最小限の人数での来院をお願いいたします。

 飼い主の方に発熱や咳の症状のある方は、来院を控えていただくか、

 事前に電話でご相談ください。

 

◯待合室が込み合う場合は、病院の外でお待ちいただく場合があります。

 

◯ワクチン等予防に関して、犬猫の混合ワクチン、犬狂犬病ワクチンの接種は、

 できるだけ緊急事態宣言が解除されてからの来院をお願いいたします。

 犬狂犬病予防接種は通常4月~6月に接種となっておりますが、

 厚生労働省も今年度は7月以降の接種でも差し支えない方向で検討しているとのことです。

 

◯去勢・避妊手術等に関しても、緊急事態宣言が解除された以降で予約をお願いいたします。

 

以上の点、なにかと不便をかけるかもしれませんが、このような事態ですので

ご理解いただきますようお願いいたします。