アドバイス/よくある質問
ホームアドバイス/よくある質問 > 犬の予防について

アドバイス/よくある質問

犬の予防について
犬において当院でおすすめしている病気の予防としては次の4つがあります。

①狂犬病ワクチン ②混合ワクチン ③フィラリア病予防 ④ノミ・ダニの予防

○狂犬病
病名の中に“犬”という字があるので犬だけの病気と思っていませんか?
狂犬病はヒトを含むほ乳類全てがかかる病気です。
ヒトの場合、動物に咬まれて発症しますが、諸外国のでは犬以外でも猫やネズミ、また吸血コウモリに咬まれての発症もあります。
日本では、1950年に狂犬病予防法が施行され、飼い犬の登録、およびワクチン接種が義務づけられています。
狂犬病ワクチンは動物病院か、春に市町村が行っている集合注射会場にて接種することができます。生後90日以上の全ての犬に年1回接種の義務があります。
「うちの犬は室内犬で外に出さないから狂犬病ワクチンはうたなくていい」
「はじめに1回接種して登録したし、めんどうだから2年目以降はやめた」
というのは間違いです。 狂犬病ワクチンの接種は法律上の飼い主の義務です。
必ず接種させてあげましょう。
○混合ワクチン
犬の場合、現在3種~9種ほどの混合ワクチンがあります。当院では6種、8種の混合ワクチンを用意しております。
6種混合ワクチンは、犬ジステンパー、犬アデノウイルス感染症、犬伝染性肝炎、犬パラインフルエンザ感染症、犬パルボウイルス感染症、コロナウイルス感染症に対するワクチン6種類が入っています。
8種の場合はこれにイヌレプトスピラ病(2種類)の2種が追加されています。
当院の場合、基本的には6種混合ワクチンをすすめております。もし犬を山の方に連れて行くことが多いならば8種混合ワクチンをおすすめします。
接種の予定は生後6週齢以上で1回目を、その1ヶ月後に2回目の追加接種をします。
その後は年1回の追加接種をしてあげてください。
生後50日前に1回 目の接種をしている場合は母乳からの免疫とともに1回目のワクチンの免疫が落ちることがあるので、その後1ヶ月おきに2回追加接種、計3回の接種をすすめ ております。
またレプトスピラ症のワクチンの入っている8種は生後12週齢以下の子犬ではあまり勧められていないため、2回目以降のワクチンからの使用をおすすめします。
○ フィラリア予防
フィラリアとは蚊が媒介する寄生虫です。
犬がフィラリアに感染し、心臓や肺の血管に寄生することにより、血液の流れが悪くなり、様々な臓器に障害が出ます。
場合によっては死に至ることもある病気です。
また、治療をする場合にも犬にかかる負担が大きいです。
フィラリア症の主な症状には、
・ 元気や食欲がない ・ 咳がでる、呼吸があらい ・ お腹がふくらんでいる ・ 尿の色が赤い
などがあります。
現在は感染してからの治療ではなく、予防が一般的となっています。
予防薬には飲み薬、注射薬、滴下剤などの種類があります。
飲み薬、滴下剤は月1回ごとに決められた期間投薬することにより予防していきます。
注射の場合は1回の注射で1年間予防することができます。
ちなみに、フィラリアの予防薬は蚊に刺されるのを防ぐ薬ではありません。
予防薬を飲んでいても蚊には刺されます。蚊に刺されて体の中に入ってきたフィラ リアを血管に入るまでの間に駆除し、フィラリア症を起こすのを予防していく薬です。
ですから予防薬とはいいますが治療薬としての意味もあります。
また、予 防薬によってはフィラリアに感染している犬に飲ませたりすると、体調がさらに悪くなる可能性もあります。
そのためフィラリアに感染していないかを検査し、 感染している場合は獣医師と相談しながら今後の予防、もしくは治療を考えていく必要があります。
フィラリアの予防する期間は、住んでいる地域の平均最低気温などにより違ってきます。
当院の地域では5月~11月までの7ヶ月間です。
決められた期間の途中で投薬をやめてしまうと、フィラリアに感染する可能性があるため、忘れずに飲ませてあげましょう。
○ ノミ・マダニの予防
外に散歩に連れて行く場合、その散歩のコースによってはノミやマダニが寄生することがあります。
ノミは春から秋にかけての発生が多く、動物の尾の付け根あたりに好んで寄生していることが多いです。
症状は体のかゆみ等の皮膚症状です。
これはノミが皮膚の上を動くことによるかゆみと、ノミの唾液などが原因のノミアレルギー皮膚炎によるかゆみとがあり ます。
ノミがいるかどうかは、毛をかき分けて地肌をみてノミの存在がないか、またノミが寄生している場合ノミの糞が地肌についていることがあります。
毛をかき分 けて地肌、または毛の付け根に黒い砂のような粒がないか確認するとよいでしょう。
ちなみにノミの糞かゴミかを判定するには、軽く湿らせたティッシュ等の上 にノミの糞らしい粒をのせます。
数10秒~数分でその粒が赤くにじんできたらノミの糞の可能性が高いです。
また、ノミは瓜実条虫という腸内の寄生虫を媒介することもありますので注意が必要です。
マダニもまた草むらなどに潜んでいることが多く、以前は川原などに連れて行くことにより犬についてくることが多かったですが、最近では当院のまわりでも発 生しており、散歩中に犬に寄生ことが多いです。
黒い虫で、頭部、中でも目、耳、口のまわりに多く寄生します。はじめは数㎜程度の大きさですが、皮膚に食い つき血を吸っていくと1㎝ほどの大きさにまでなります。 マダニを知らない方は、「できものができた、どんどん大きくなっているし、もしかしてガン?」などと勘違いすることもあります。
少量の寄生ではさほど症状もでることがないですが、大量の寄生ではマダニは血を吸うため、犬が貧血を起こすこともあります。
また、マダニは貧血や発熱などの症状を起こすバベシア症などを媒介することもあります。
当院でのノミやマダニの予防には現在滴下型の駆虫剤を使用しています。
一度の滴下でノミに対して2ヶ月、マダニに対して1ヶ月の予防効果があります。 皮膚炎や貧血を起こす前に早めの対策を取ってあげましょう。

ページ上部へ