ホーム院長ブログ > 猫のなめこわし 2
  • mixiチェック

猫のなめこわし 2

■2018/03/05 猫のなめこわし 2
2/26のつづきです。

猫が皮膚をなめこわして来院するケース、
完全室内飼育で外との接触もない
猫の場合は?

まずは細菌性の皮膚炎かどうか?
これは皮膚表面の細菌が原因です。
この場合には抗生物質の投与を行います。

あと、意外にいる可能性があるのが
アレルギーです。
決まった箇所をなめて皮膚炎を
起こす例が多いです。
また治療してもしばらくすると
同じ場所で繰り返します。
この場合、確定が難しい事も多いので
治療の反応をみて判断になることも
多いです。

治療としては
・アレルギーを抑える注射や飲み薬
・食事療法
などを行います。
食事療法は食事性アレルギーに限られますが、
治療しても繰り返す場合には
試す価値はあるのではないかと思っています。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
大澤獣医科医院
http://www.osawa-vet.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:愛知県稲沢市日下部西町2-101-3
TEL:0587-32-7773
------------------------------------------------
Facebook:http://goo.gl/g8jKFn
Twitter:http://goo.gl/Pm2xbj
mixi:http://goo.gl/lBxsLr
アメブロ:http://goo.gl/4Tl2eE
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ページ上部へ